モデル名

 

製造年

 

排気量

 

走行距離

 

販売価格

 

その他概要

 

 

- 車体色

 

- キャブレター

 

- エンジン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

- 電装系 12V化

 

 

 

 

 

- 駆動系

NSU Sports Max

 

1955 (estimated)

 

69×66mm 247cc

 

not clear(5,700km after assembly)

 

request price

 

(Please take a「About NSU Sports

 Max」 look below)

 

blue

 

SUDCO(USA mikuni)

 

Boring of cylinder

Valve guide has been changed &

valve face rubbed and

processing of oil seals.

Head assembly , Adjustment.

Exhaust side of piston, machining.

Processing of flywheel base plate.

Processing of flywheel.

Decomposition and assembly of Clutch.

Processing of the decompression arm.

Italian New items pistons.

Exchange Roller Bearings for Needle

Roller Bearings of Crank Shaft.

Semi-transistor installation and set the electronic ignition

 

Exchanged CDI, Regulator,Flywheel

Exchanged Ignition coil and Sensor coil

Installing the Transistor unit.

Redo electrical systems

STACK tachometer mounting.

 

Rear chain sprocket exchange(by ISA)

Drive chain exchange

 

Model

 

Year of manufacture

 

Capacity

 

Distance

 

Price

 

Other specifications

 

 

- body color

 

- cabrater

 

- engine

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

- electrical system

  for 12V

 

 

 

 

- drive system

 

 

NSU Sports Max

 

1955年前後

 

250cc

 

不明

 

ご希望価格で相談可

 

(詳細は下記の「NSU Sports Maxについて」

 をご覧ください。

 

ブルー×アルミ

 

SUDCO(サドコ)

 

シリンダーピストンボーリング

バルブガイド打替え、バルブ研磨、

オイルシール加工

ヘッド組立、調整、エンジン組付け

ピストン排気側 再加工

フライホイルベースプレート加工

フライホイル加工

クラッチ分解組立

デコンプレバー・アーム加工

イタリア製新品ピストン

クランクシャフト左最前Cリング付ベアリング

ニードルローラーベアリング

 

CDI、レギュレター、フライホイル等換装

イグニッションコイル、センサーコイル換装

トランジスタユニット取付

全配線ひき直し

STACK製タコメーター

 

リアスプロケット交換(ISA製別作)

ドライブチェーン交換

REVISED Ⅰ

NSU Sports Max について

そもそもNSU(エヌ・エス・ウー)というバイクメーカーを知っている人が少ないところから始めなければなりません。

乗物好きでもバイクを作っていた事までは知らなかった、と言われるほどです。

このNSUの話しをすると、そうとう長くなりますので極簡単に纏めます。

2018年から約135年前の1884年頃にバイクの生産を開始したドイツのバイクメーカーです。

また、有名なところではマツダにロータリーエンジンの技術を渡した会社であることでも知られております。

しかし、1950年代ではバイクの販売台数で世界一のメーカーであったことはあまり知られておりません。

 

メーカー概要の話しだけでもこれだけの凄いネタを持つNSU。

 

その他の詳細はネットでNSU MAXでいろいろ出てきます。

とにかく現代バイクの礎的バイクで読まれたらたぶん「へ~、ほ~、は~」となられるでしょう!?

 

このNSUの実物を見つけたのが約20年前ぐらいで、とあるバイク屋さんのディスプレ用でウィンドに飾ってありました。

当時は不動車でしたが、私は思いっきり食いつきました。しかし、まだ仕事が現役バリバリのころ!

さすがに、手に入れても走らせるまでに掛ける時間はないということで一旦、頭からは削除しておりました。

そして月日が流れ、現役を引退した2014年、NSUをお迎えに・・・

 

このNSUは大きくはスタンダードの"MAX"と公道レーサーの"Sports MAX"の2車種

(一説には本レーサーの"Super MAX"を入れて3車種とも)

T-PADDOCKにあります車種は極少数のSports MAXだろうです。

正直なところあまりにも資料が少なく言い切る自信がないのですがフレームを観る限りオイル注入口からして、そうだろうです。

あと、エンジンは間違いなくNSUの本物ですが、本物以上にレベルは上がっていると言えます。

まず、点火を12Vトランジスタ化にして電気系の不安を払拭、その上で胆のシリンダー内をボーリング×"伊製"新品オーバーサイズピストン。

そこにSUDCO(サドコ製)のキャブレターで走るための3要素は押さえました。

また、スタンダードのMAXであればオークションでも、たまに見る部品取り車で当時物の細かいパーツは入手できることもあります。

しかし、このNSUはSports MAXというレーサー故、欠品パーツは海外の所有者でも自作パーツで賄っている方が多く見受けられます。

よって、ここは気を楽に持ち如何にレーサーに近づけて行くかで、すこしづつ手を入れております。

走りに関しましては、60年前のバイクとは思えないパンチの効いた走りをしてくれます。(ヤマハSRのような・・・)

T-PADDOCK地元の阪奈道路大阪側からの登りを難なく快調にガンガン攻めて走れます。

ただ、これからも少しづつ手を加えていきますが今一番の問題は排気音です。

当然、元のレーシング用マフラーはご法度!

そこで、スーパートラップに換装しても音量はけっこうなもの!(走りの相性は良いのですが・・・)

 

ということで、まだまだ完成まで発展途上ですが・・・その後の逸話はブログ等でアップできればして参ります。

©2015-2019  T-PADDOCK630 Arranged Motorcycles Store.

Phone: 090-5676-5382 (Tatsumi)

Email: ttm.ttm.630@gmail.com